MENU

育毛剤がAGAに悩むアナタを救います

育毛剤はAGAを治療するうえで欠かせないアイテムとなっています。

 

医学が発達したおかげでいろいろな薬が開発されるようになったのか、それとも薬学の発達が医学の発達を助長しているのか、そのあたりのことはよくわかりませんが、かつては発症したらもうあきらめるしかないと言われていたAGA(男性型脱毛症)も、今では病院やクリニックなどの医療機関で治療をすることが可能になり、そしてまた、かつては不治と呼ばれた薄毛や脱毛症も改善することが夢でないような、見事な薬も開発されました。

 

そういう状況ですから、やはり多くの男性、そして女性が、悩ましいAGA治療を病院やクリニックなどの医療機関に託すという動きが近年顕著になってきています。

 

やはり、比較的身近なところでAGA治療を実施できるというのは、少し前のことを知る人間にとっては非常に画期的であり、なおかつ魅力的なことであるように感じられるはずです。

 

ただ、だからといって従来から親しまれてきた育毛剤や発毛剤など、主に市販されているAGA治療薬がすたれてきているということは、まったくありません。むしろ、AGA治療の方法としてもう一度見直されてきているといっても過言ではありません。

 

これはやはり、上でも触れたように、薬の発達が顕著になったことと無関係ではありません。医療機関でAGA治療ができるようになってきた時代であるにもかかわらず、少し前までは悪評高かった育毛剤や発毛剤など、市販されているAGA治療薬に再びスポットが当たるようになってきているのですから、そこにはいかに大きな変化が起こっているのか、想像に難しくありません。

 

それというのも、ミノキシジルと呼ばれる成分が配合された育毛剤や発毛剤の効力が非常に優れているから、という、少々特殊な事情があるのです。ミノキシジルは、AGA治療の医療現場においては、フィナステリドと並んで、なくてはならない成分であると考えられています。

 

というよりも、少なくとも我が国で政府が公式に認めている育毛成分、発毛成分は、フィナステリドとミノキシジル、並びにそのジェネリック品だけに限られているのです。

 

そうした、いわば「特効薬」が、医療機関だけでなく、市販されている育毛剤や発毛剤の中にも配合されているわけですから、AGA治療を近所の病院で実施できる時代になったとは言え、やはり価値が下がることなどあり得ないのです。

 

医療機関の場合、どうしても他人の目が気になってしまうところがありますので、プライバシーの不安がない、育毛剤、発毛剤による治療は、今後もAGA治療の中心的存在と目されるはずです。

 

育毛剤でAGA予備群の早期対策を

育毛剤は進行するAGAを防ぎつつ、早めの予防にも効果抜群です。

 

特に男性の場合、将来薄毛に悩まされる確率が女性よりもかなり高いということがいえるわけですが、絶対に薄毛になりたくないと考えている男性にとっては、やはりそうならないために早い時期から予防することが重要であるといえます。そしてまた、その予防のことを育毛と呼ぶことが多いです。

 

まずは薄毛になってしまう原因から考えなければなりませんが、薄毛を発症する直接的な原因というと、やはり男性型脱毛症という病気が真っ先に挙げられることになります。

 

男性型脱毛症というのは、一般にはAGA(エージーエー)と呼ばれることが多く、この呼び名のほうが多くの人にとってより身近な印象を与えるかもしれません。

 

AGAを発症し、これを放置してしまってからでは、すでに薄毛を発症している可能性が高いことになります。

 

なぜなら、AGAは進行性の脱毛症だからです。放置していればどんどん状況は悪化してしまいます。そして、薄毛を発症しているということは、発症していない状況にくらべると、育てるべき毛がないわけですから、育毛という発想はあまりふさわしくありません。どちらかといえば、育毛ではなく発毛というべきでしょう。

 

ですから、AGAを発症していたとしても、できるだけ薄毛に至る前の段階で、育毛を行う必要があるということになります。そして、育毛のための重要な手がかりになるのが、私たちもドラッグストアなどで目にすることがある「育毛剤」ということになるでしょう。

 

育毛と発毛は、厳密には異なるというトーンでお話してきましたが、育毛剤と発毛剤の間には、それほど大きな違いはありません。

 

どちらも髪への栄養を与えるような成分が配合されており、さらには、製品によっては発毛成分が配合されています。発毛剤、育毛剤に配合されている発毛成分は、ミノキシジルと呼ばれる物質です。

 

当然育毛剤(発毛剤)は、製品によっては副作用の危険があります。

 

特に、ミノキシジルが配合されている製品には、ミノキシジルによる副作用の危険も考慮しなければなりませんので、確かに育毛剤、あるいは発毛剤を外用することで一定の効果が期待されるのは間違いありませんが、本来であれば、医師の処方による外用のほうが、副作用のリスクは最小限にとどめることができるといえます。

 

ですから、副作用が怖いと考える人や、あるいは過去にアレルギーなどの副作用を実際に経験したことがあるという人は、一度病院でAGAの診察を受けることが望ましいといえます。

育毛剤を用いたAGAの治療法

AGA(男性型脱毛症)の治療法については、すでにいくつかの方法が確立されています。

 

ただ、どの治療法にも一長一短があることも事実であり、一概にこのようにすれば必ずAGAが解消されるといった不文律は現在のところまだできあがっていないというのが実際のところです。

 

AGAの治療法として、最近最もポピュラーになってきているのが、病院の皮膚科や専門科で治療するという方法です。

 

この方法に関しては、すでにテレビCMやインターネット広告などでずいぶんと盛んに宣伝されていた時期もありましたので、すでにご存知であるという方が多いと思われますし、また、実際に医療機関で検査をしたり治療をしたりといった経験をお持ちの方も少なくないのかもしれません。

 

病院やクリニックなどの医療機関でAGA治療を行うメリットは、AGAを発症した原因をしっかりと突き止め、これを解消するための本質的な改善を目指すという方向性にあります。そのための手段として用いられる最もポピュラーな治療法が、投薬治療ということになります。

 

医療機関以外でのAGAの治療法ということになると、基本的にはほぼすべてが対症療法ということになり、AGAの本質である「脱毛症」という部分の解消ではなく、すでにAGAが進行したひとつの結果である「薄毛」に対する治療や対策ということになります。

 

その方法として最もポピュラーなのが、「植毛」という方法になります。植毛にもいくつかの種類があるのですが、その中でも、副作用や拒否反応などが少なく、最も安全であると考えられているのが、「自毛植毛」という方法になります。

 

これに対し、同じ植毛でも、副作用や拒否反応が比較的見られることが多いとされるのが、「人工植毛」です。

 

とはいえ、自毛植毛に関しても、たとえば植毛した部分の周辺部に顕著な脱毛症状が見られるなどといった報告がなされることもありますので、植毛に関しては、まだそれほど高い信頼性を得るに至っているとは言えません。

 

他にも、ウィッグやかつらなどといった対策も考えられますが、これに関してはもはや「治療法」とは言えません。治療というよりは、完全にカムフラージュの範囲になるでしょう。

 

医療機関にしろそれ以外の専門機関にしろ、AGA治療を行う際に必ず実行したいのが、「生活習慣の乱れを正す」というところです。生活習慣の乱れが、AGAの原因のひとつになってしまっているという事実も見逃すわけにはいかないのです。